9月中旬。熊本県荒尾市。有明海に広がる海苔の漁場に行った。海苔のシーズンが始まろうとしている。まだ夏の気配がかすかに残る 朝の光 の中で、潮が引くのを待ちながら海を眺めている 人々 がいる。これから海苔の網を支える支柱を立てに海に入る時を待っている。やがて時間が来ると談笑していた人々は一斉に立ち上がり、バタバタと準備を始める。

耕耘機は子供の頃はあちこちで見かけたがいつの間にか見かけなくなった。今や珍しくなった耕耘機。別名テーラーとも言う。しかも海の中を進む耕耘機には他ではお目にかかれないだろう。
 それぞれの テーラーに乗り 支柱を満載したテーラーと共に数km沖の 漁場を目指す。

前回から7年ぶり。後ろの荷台に乗せてもらった。3分程でテーラーを降りて海中の道を歩く。 そこから船に乗ると 4〜5分程で沖合約3kmの漁場に着いた。

今回、ご好意でTさんの「宝朗丸」 に同乗できた。

錨を降ろし船を固定すると支柱立てが始まる。 夫婦二人の作業である。 支柱はグラスファイバーでできている。一本の長さは約7m。一潮(約2週間)前に立てた細い棒を目印に 一本づつ海底に突き刺して いく。 表面の固い層を突き通す と後は一気に1m程度の深さまで突き刺さる。支柱は岸に平行に10区画分の11本、 岸から沖に向かって 6区画分の7本立てる。支柱の間隔は一間(1.8m)。縦横一間が一坪だから、長方形に並んだ77本の支柱でできた1区画は60坪ということになる。これを「コマ」 という。

この日はカメラを持った物好き野郎が同乗するとの事だったのでいつもより作業を減らし「2コマ」つくったそうである。支柱の数にして154本を立てたことになる。何やら申し訳ない。だが、Tさんはわずかに息を切らすだけで休みもしないで次々と立てていく。

一つのコマにはそれぞれ 木製の札 が付けられる。コマの番地のようなものである。

Tさんは一気に作業を終えると昼食。海の真ん中に浮かぶ船の上でごちそうになった。9月とはいえけっこう陽射しは強く、船に上がったら頭はぼんやり体はフラフラであった。Tさんはさすが筋金入りである。缶ビールに御酒を立て続けに勢いよく空けるが、こちらは缶ビールを1本とおにぎり1個がやっとだった。

ところで、こちらは、人を雇って支柱を立てている。雲仙をバックに一日中海に浸かって力仕事で1万円、昼飯付きだ。

多い人では40〜50コマを持つ。だが、この地区で海苔最も若いTさんでも50歳代である。最高齢は70歳を越えるという。生産技術の向上で以前より安定した収穫が得られるようになってきたが、 自然を相手の重労働であり、若い人はいない。

海面に様々な幾何学模様 が次々と描かれていく。

この後、潮が引いてしまい干潟が現れたところで支柱をより深く刺すことになる。
 まだ作業を続けるTさんご夫婦に別れを告げ、陸続きになった干潟を風に吹かれてフラリフラリと歩いて帰った。

 

もどる