12月。


川原には雪が積もっていた。


桂川。


渡月橋。


夕暮れが近い。これから人力車に乗り観光に回る若い女性たちがいた。


明かりの灯った土産物屋の店先はまだにぎわっていた。


閉店の時間も迫った。


恋人らしい二人連れが川岸に腰かけていた。桂川の向こうの旅館の屋根は白くなっていた。


保津川から見た山には雪が積もっていた。

 

もどる